彩都*箕面レジデンス -阪急不動産×阪神電気鉄道

阪急彩都ガーデンフロント
彩都*箕面レジデンス


menu

Concept
コンセプト

彩都内最大級「箕面見晴らしの丘構想」

家族一人ひとりにとって暮らしやすい住まいとは、いつまでも快適・安全に過ごせる環境とは…。
私たちの思い描く理想のまちづくりが、大阪平野を一望する阪急彩都の箕面エリアで形になろうとしています。
子育てしやすいまちとして知られる箕面市にあって、おおらかな自然とゆたかな将来性を抱く、
これからの住宅地にふさわしい丘のまち。この地に描き出される大スケールの「箕面見晴らしの丘構想」は、
彩都内最大の約7haもの広大な戸建てのまち「阪急彩都ガーデンフロント」から、お届けします。

※掲載の写真は現地空撮(2014年11月撮影)にCG合成を施したものであり、実際とは異なります。あらかじめご了承ください。
(注1)北大阪急行電鉄(株)は、平成27年12月25日付で北大阪急行電鉄南北線延伸線の「第一種鉄道事業の許可」及び「軌道事業の特許」を取得。千里中央駅から北へ2.5km延伸し、新駅2駅を設置する予定。開業予定時期は2020年度。

イラスト

初めての、丘のまち。

暮らしよさも、気持ちよさも、自分らしさも、みんな詰まっている、あたらしいまちの誕生です。

ここは、大阪平野を見晴らす、箕面初の眺望の丘。 緑あふれる大きな公園がまちの中にある総238区画もの広大な庭園街区、 丘を活かした南ひな壇に、明るい陽光があふれる「阪急彩都ガーデンフロント」。

開放感に包まれて暮らすかつてない日常をあなたへ。

※2015年6月現在、北摂の大型ニュータウンにおいて、238区画規模の無電柱街区は本件が初めてとなります。
(マーケティングAC調べ)

※掲載の写真は現地空撮(2015年5月撮影)にCG合成を施したものであり、実際とは異なります。あらかじめご了承ください。

開放感をたのしむ、陽だまりのまち。

やわらかな陽ざしが注ぐ南向き。眺めのよい開放感あふれる緑の丘に、美しいランドスケープと安心・安全のためのアイデアをこめました。

マップ画像

まち全体が季節に染まる植栽計画。

1年を通じて自然の潤いが感じられるよう、まち全体を豊かな緑で包み込む植栽計画としています。ミッドアベニューの街路樹、公園の樹木や花々など、四季折々の彩りがゆとりを届けます。※掲載の植栽は、変更になる場合があります。写真は全てイメージです。

植栽画像一覧

大空がひろがる、無電柱のまち(一部除く)

写真

参考写真/彩都・箕面ガーデンテラス

無電柱化による効果

見上げるたびに思わず深呼吸したくなる開放感。気持ちのよい風景が広がる無電柱のまちには、ゆったりとした時間が流れています。季節ごとに変化する自然もより鮮やかに、住む人に潤いを届け、訪れる人に好印象を与えてくれることでしょう。

1.景観が美しい

青空がどこまでも続く視界良好のまちは、美しいまちなみを形成してくれます。

2.災害に強い

災害時には、電柱の倒壊や電線の切断といった被害を軽減。緊急車両の通行を妨げることなく、復旧などの作業も迅速に行うことができます。

3.通行しやすい

歩行者がゆとりを持って行き来できます。視界を遮るものもなく、自動車の通行や入出庫もスムーズです。

4.防犯性が高い

電柱を使った侵入による空き巣被害の防止になるため、防犯性が高まります。

5.まちを清潔に保つ

ハトやカラスのフン害を防止。犬のマーキングも軽減し、清潔なまちなみを保ちます。

写真 概念図

連続性のある美観をかなえた、自然石調の擁壁

イメージ
イメージ

擁壁がもたらす5つの効果

1.敷地の有効活用

道路側付近に擁壁を施すことで、法面仕上げに比べて平地面積を拡大。庭を広くするなど、敷地の有効活用ができます。

2.統一感ある景観の形成

上品なナチュラルカラーを基調に、リズミカルな彩りをかなえた擁壁です。重厚感のある石積み調で住まいの品位を主張するとともに、連続性のある美しいまちなみを演出します。

イメージ

3.安全性の向上

L字形状等の鉄筋コンクリートを土留擁壁に採用。安全性の向上に努めています。

4.外構工事費の低減

あらかじめ擁壁を造っておくため、住まいを建築する際の外構工事費を抑えられ、設計や設備に予算をかけることができます。

5.建築期間の短縮

外構工事にかかる時間が削減できるため、住まいの完成までの期間が短縮できます。

魅力を高めるまちづくりを目指して。[ 緑地協定 ]

イメージ

誰もが心地よいと感じる緑化のために

道路境界線から敷地内1mまでは緑地帯とし、芝生や低木などの植栽を。また住宅の緑地は、敷地面積に対して12%以上確保し、建物の南側には、高木(高さ3m以上)と中木(高さ1.5m以上)を各1本植えていただきます。道路側から緑が見えるよう、門柱や倉庫などは緑地を遮らない位置に設ける配慮が必要です。

樹木の維持管理はお住まいのみなさまで

緑に包まれた美しいまちなみを保つため、お住まいのみなさまには、敷地内の樹木などの維持管理をお願いします。

※詳しくは「阪急彩都ガーデンフロント緑地協定書」をご確認ください。

歩行者も車も安心して通行できるミッドアベニュー

開放感に包まれる広々とした大通り。

ゆったりとした歩道を設けた幅12mの大通り。まちの中央に、緑あふれる開放的な風景が広がります。

安全性を高めた歩車分離設計。

電柱がなく歩きやすい歩道を、車道と分離した設計に。歩行者も車も安心して通行できるよう配慮しています。

参考写真

参考写真/彩都・箕面ガーデンテラス

上質の佇まいを演出するカラー舗装

参考写真

参考写真/彩都・箕面ガーデンテラス

緑に調和するカラーの濃淡を使って、道路を表情豊かに舗装しました。交差点は着色を変えて注意を喚起します。

参考写真

参考写真/彩都・箕面ガーデンテラス

夜間の安全性を高める街灯。

足元を明るく照らすことで段差をわかりやすくし、安心・安全な通行をサポートします。

※掲載のパースは完成のイメージを描いたものです。また、街区全体・建物・外構・植栽計画等の色彩、形状、デザイン等が変更となる場合がございます。予めご了承ください。 ※掲載の写真は現地空撮(2015年5月撮影)にCG合成を施したものであり、実際とは異なります。あらかじめご了承ください。


Pagetop