課題解決

事例A A市場組合(ショッピングセンター)の事例 将来の事業承継対策に役立ちました。

「不動産有効活用」による等価交換方式で市場(ショッピングセンター)単体から店舗+住宅併用マンションを建設した事例。

 

課題

  • 建物の老朽化や近隣に進出した大規模商業施設の影響による市場(ショッピングセンター)の売上減少
  • 後継者不足による空き店舗の増加
  • 商売に対する先行不安


 
目的
  • 「近隣地域の活性化を担うニーズにマッチした建物にしたい」
  • 市場をリニューアルするための資金を融資を利用せず調達したい
  • 「市場の組合員へ現金を分配したい」

ソリューションプラン

店舗+住宅の複合マンションを計画
市場経営から店舗床賃貸へ変更し優良なテナントを誘致
阪急不動産から交換差金をお支払い

等価交換方式を利用して当社が建物を建設。
A市場組合と当社で建物を区分所有し土地は共有。 当社所有分は分譲マンションとして販売。
当該地では地元の方が慣れ親しんだ場所でまたお買い物ができるようになりました。



 
  • 複雑な業務が発生する等価交換方式の実績。
  • 数多くの優良マンションを供給してきた阪急不動産ならではのお客様にご納得いただける貸床の評価。

※記載の各事例は当社での実例を元に若干のアレンジを加えています。

▲ページの上部へ

お問い合せは 阪急不動産株式会社 資産コンサルティング担当 0120-8989-50 営業時間9:00~17:45 定休日 土・日・祝日
阪急不動産ジオシリーズマンション 阪急阪神ホールディングスグループポータルサイト