課題解決

事例C C社社宅の事例 リノベーションにより新たなニーズを開きました。

「不動産バリューアップ」によりリノベーションを実施、社宅問題を解決した事例。

 

課題

  • 低利用となった社宅の売却の必要性
  • 平均約100㎡/戸もあり賃貸への転用が困難
  • 建物の築年数が浅く解体処分は経済的・社会的に合理性が欠如


 
目的
  • 「更地価格としてではなく、建物も一定の金額評価を得たい」
  • 「可能な限り既存の建物を有効に再活用したい」

ソリューションプラン

建物を解体せずに事業化することで建物の評価算出
リノベーションを施すことで既存の建物をできる限り再利用
分譲マンションとすることで物件・立地に適した需要を創造

課題であった現況を活かすという点からリノベーション(建物の改修・改善)の検討が始まりました。 専有部分と共有部分はまるごとリフォームし、必要な設備を新規に導入してセキュリティ面も強化。 建物を壊さないことで、廃材の排出を抑え、環境に配慮した開発となり様々なところで評価をいただきました。



 
  • 中古マンションでありながら、新築に匹敵する保証・アフターサービスの供与を可能にする技術力と企画力
  • 個々の不動産が持つ特性(立地、建物の状況など)を最大限に引き出す調査力

※記載の各事例は当社での実例を元に若干のアレンジを加えています。

▲ページの上部へ

お問い合せは 阪急不動産株式会社 資産コンサルティング担当 0120-8989-50 営業時間9:00~17:45 定休日 土・日・祝日
阪急不動産ジオシリーズマンション 阪急阪神ホールディングスグループポータルサイト