活用メニュー

よきパートナーとして

豊富な経験とノウハウで不動産に関するさまざまな問題を解決します。

現代のビジネスシーンにおいて、不動産を経営に活かしていくことは不可欠です。
お客様の不動産に関するあらゆる悩みや問題に対して阪急不動産は最適な解決法をご提案します。
事業スキームの企画・立案、各種調査はもちろん、資金調達や法的処理、賃貸管理などにいたるまでトータルにサポートします。

お客様のニーズにお応えするために、

お悩み・問題・ご要望・目的
拠点開発、事業所の統廃合、遊休資産の有効活用、ノンコア事業の効率化etc、不動産保有・運営コストの削減、不動産管理体制の整備・構築

そして

阪急不動産のコンサルティングで


そして

不動産価値向上のための

最適なソリューションプランをご提案

 

 

 

不動産価値の向上へ。経営資源の1つである不動産の価値を、さまざまな形で引き出します。

 

不動産有効活用

遊休資産の活用、社宅の統廃合による社有資産のスリム化など企業不動産を活用する事によりノンコア事業の効率化を図ります。
阪急不動産では綿密な調査を行った上で事業の企画立案をはじめ企画監修業務、設計・施工業者の選定、工事管理などの オーナー代行業務をお引き受けします。また、共同事業が可能な場合は阪急不動産が共同事業者として不動産事業をお手伝いします。

 

建て替えた新しい社宅の一部を一般賃貸化することで、月々の収益を得ることも可能です。

阪急不動産との共同事業で現金投資を伴わずに老朽社宅を新築にすることも可能です。

店舗用建物を新築いただいての賃貸借はもちろん、事業用定期借地方式での土地貸しも可能です。

 

不動産バリューアップ ご所有建物のリノベーション、コンバージョンの企画立案、実施のお手伝い。

建物が老朽化したり、周辺環境や市場の変化により、用途がニーズと合致しなくなることがあります。
しかし、リノベーション(建物の改修・改善による再生)やコンバージョン(用途転換)することによってバリューアップが可能な場合があります。
阪急不動産ではデベロッパーという立場から、必要な場合は建物診断をした上で、時代と共に変わるニーズをいち早く捉えて、 それぞれの建物に相応しい企画を提案します。

 

老朽化した事務所ビルの場合

 

不動産売買仲介 ご所有不動産の売買仲介のお手伝い

阪急不動産では変化する経済環境に即応して、お客様の事業戦略を見据えた売却・購入のサポートをします。
また、長年の信頼と実績で築き上げてきた独自の情報ルートを通じて、不動産売買に関する情報をリアルタイムに提供いたします。
なお、入札によるご売却も当社が全面的にバックアップします。

 

売買仲介の例

 

収益不動産開発 土地の潜在能力を引き出す阪急不動産のテナントリーシング(収益不動産開発)

阪急不動産では梅田を中心に保有する自社ビルのテナント様だけでなく、阪急阪神東宝グループと取引実績のある優良な情報を多数ストックしています。ユーザーニーズの変化が大きい現代においては出店希望や条件は非常に流動的です。その点において阪急不動産はグループ内外のビルマネジメント会社との協業、 情報交換により市場トレンドを理解・把握した上で、土地の潜在力を引き出すような形でのテナント誘致を実施することができます。

 

収益不動産開発の例

 

不動産管理 ご所有建物の運営、管理のお手伝い

賃貸経営にはマーケティングや収益計画、メンテナンス等トータルな経営計画が必要とされます。
阪急不動産ではこれまでに培った不動産事業のノウハウを活かし、責任を持って建物管理や入居者管理を行います。
また入居者からのクレームに対してもオーナー様に代わる受付窓口として対処します。

 

運営管理の例

 

お問い合せは 阪急不動産株式会社 資産コンサルティング担当 0120-8989-50 営業時間9:00~17:45 定休日 土・日・祝日
阪急不動産ジオシリーズマンション 阪急阪神ホールディングスグループポータルサイト