image photo

image photo

建替えの流れ/手法

マンションの規模や築年数、
目的を踏まえ、最適なご提案を致します。

多くの方々が暮らすマンションでは、建替えの実現に至るまでに様々な課題を解決していくことが必要となります。阪急不動産では、皆様のご要望をお伺いしながら、そのマンションに適した建替えを、ご検討の初期段階からサポート致します。

準備段階
  1. 検討組織の立ち上げと意向調査
  2. 老朽化による不具合等の把握
  3. 勉強会の開催
  4. 大規模修繕・耐震改修と建替えの比較検討
  • 準備組織運営への助言
  • 意向調査への協力
  • 勉強会開催へのサポート、資料作成
  • 大規模修繕検討への助言、見積り業者の紹介
基本計画の策定~建替え推進決議
  1. 権利関係の調査・確定
  2. 建替えコンセプトの立案
  3. 基本計画の策定
  4. 建替え手法の比較検討
  5. 建替え推進決議
  • 各種調査への協力
  • コンセプトづくりへの助言
  • 基本計画の策定業務
  • アンケート調査への助言・サポート
  • 説明会の開催支援・資料作成
  • 建替え推進決議への助言・サポート
実施計画の策定~建替え決議
  1. 建替え推進委員会の立ち上げ
  2. 行政協議・近隣協議
  3. 各種相談会・説明会の開催
  4. 実施計画の策定
  5. 建替え決議
  • 建替え推進組織の運営への助言・サポート
  • 行政協議・近隣協議の実施
  • 各種相談会の開催支援、資料作成、専門家(税理士など)の紹介
  • 実施計画の策定業務
  • 法定説明会、建替え決議への助言・サポート
マンション建替え円滑化法を利用した場合
  1. 6.マンション建替組合の設立
  2. 7.権利変換計画の策定・認可
  • 建替組合運営への助言
  • 権利変換計画認可取得への助言・協力
仮住居への移転及び転出〜着工
  1. 仮住居への移転・転出
  2. 住戸選定
  3. 解体工事着手
  4. 新築工事着手
  • 仮住まい先の斡旋、相談会の開催
  • 住戸選定のサポート
  • 引越し業者の紹介
  • 解体工事、新築工事の実施
竣工・ご入居開始
建替え等の発意準備・検討・計画

協議検討のうえ、いずれの手法にも対応します。
マンション敷地売却制度

上記手法のほか「マンション敷地売却制度」をお選びいただくことも可能です。耐震性不足と特定行政庁に認定されたマンションに限り、マンション建替え円滑化法に基づき、総会における4/5以上の賛成で区分所有関係を解消し、マンションと敷地を一括売却し、資産を現金化することができる手法です。過去、建替えの検討が進まなくなってしまったマンションでも、新たな選択肢としてご検討いただくことができます。詳しくはお問い合わせください。